車のメンテナンス

ショックアブソーバーは普段からメンテナンスすることは難しいですね。せめて、交換してから何万キロ走ったかはチェックしておきましょう。 長く使っていると、新品と比べて明らかに乗り心地が悪くなってきます。ショックを吸収しきれなくなっていたら要交換ですよ。

車のメンテナンストップページ → ショックアブソーバー │ サイトマップ

ショックアブソーバー

ショックアブソーバーの役割

ショックアブソーバーは、コイルスプリングと一体になって、路面からの力の入力を吸収する役割を持っていて、乗り心地に影響を与えるパーツです。 ショックアブソーバーの中にはオイルが入っています。 オイルは劣化するので徐々に乗り心地が悪くなっていきますが、劣化のスピードがとても遅く、気づきにくいものなんです。


スポンサードリンク

交換時期があります

何万キロも走ると、明らかに新車の頃と乗り心地が悪くなっていることに気づくでしょう。 ショックアブソーバーが悪くなると、路面からの力を受け止めきれずにガンっとボディに直接衝撃が走ることがあります。 底付きといわれる現象なんですが、ボディにダメージを与えてゆがみの原因になりますので、5万キロ走って一度もショックアブソーバーを交換していないのであれば、交換することをおすすめします。交換は、車のバランスを考えて4本同時に交換することが常識です。

社外製もオススメ!交通安全にも役立ちます

せっかくですから、車高を調整できるものなど社外製のショックに変更するものいいですね。 車高が調整できないもので、純正品と値段が大きく変わらないものもラインアップされています。ただし、社外製に交換すると乗り心地は多少犠牲になってしまいます。その代わりに、高い運動性能を得ることができ、とっさの危険回避に役立ちます。交通安全に一役買っているんですね。車の改造は悪いことではなく、法律に沿っていれば車のポテンシャルを高めてドライバーや同乗者はもちろん道路を利用する人みんなの安全を確保することにつながります。


スポンサードリンク