車のメンテナンス

エンジンオイルは、とっても大事な潤滑剤。こまめに交換してあげると、エンジン長持ち♪
エンジンオイルが劣化すると、水っぽくなって潤滑剤の役割を果たさなくなってしまいますよ。そうすると・・・

車のメンテナンストップページ → エンジンオイル │ サイトマップ

エンジンオイル交換

エンジンオイルの役割

エンジンオイルは、エンジン内で機械同士の摩擦を少なくする役割があります。部品が高回転で摩擦を繰り返すエンジン内部はとても高温。 すると、熱や部品の摩擦によって発生した金属粉などによってオイルは少しずつ劣化していき、水っぽくなるし不純物をたくさん含んでしまい、オイル本来の働きをすることができなくなります。


スポンサードリンク

定期的に交換しよう

オイルの交換は、5000キロに1回が一般的です。5000キロ走るだけでも、かなり汚れたオイルになっているんですよ。 オイル交換2回に1度は、オイルエレメント(フィルター・フィラメント)も交換するようにしましょう。 エレメントは汚れたオイルをろ過する役割を持っていますが、汚れたオイルでフィルターが十分に役割を果たせなくなってしまいます。 それに、オイルを交換しても、フィラメントの中には少量の汚れたオイルが残っています。 エンジン内のオイルをスッキリきれいにしたいのであれば、エレメント交換も必要になってきます。

また、5000キロに達していなくても、入れてから1年以上経過したオイルは交換しておいたほうがいいでしょう。 オイルは、空気に触れるだけで酸素と結合して酸化し、劣化していきます。

なお、ターボ車は、6ヶ月または3000キロ程度で交換するのがベストとされています。

オイルの確認

指でしめしたところのリングを引っ張り上げると、オイルのおおよその残量や程度が分かります。

オイルの確認

このように棒状になっていてメモリが付いています。オイルが付着している部分で残量を図ります。また、黒っぽい色になっていたら交換時期です。この写真は、5000キロ直前のオイルですがかなり汚れているのが分かります。

必要な分だけ買える

一般的なオイルであれば、カー用品店やカーディーラーで必要な分だけバラ売りしてくれます。ただし、自分好みのオイルを入れれないのが難点です。 いろいろなオイルを入れてみると、エンジンの吹け上がりが違うことに気づきます。少々高くつきますが、交換の都度いろんなオイルを買って試してみてはいかがですか?

オイルの表記

エンジンオイルを見ていると、0W−40とか5W−30などの表記があるんですが、ここを見てオイルを選んでいますか? 実は、ここには見方があるんです。

まず、ハイフン(「−」)の前の0Wや5Wですが、寒さに対する耐性です。「W」は「WINTER」の略で、5Wより0Wの方が寒さに強くなります。 数字が少ないほどオイルがサラサラしていて、寒さにも強くなりますし、粘性が低い分エンジンの吹け上がりもよく感じます。

ハイフンの後ろは、温度の耐性です。30より40の方が高温に強いオイルとなります。 よくエンジンを回すのであれば、30より40のように数字の高いものを選びましょう。ターボ車は必然的に温度が高くなるので、50などを選ぶと安心です。

オイルは、ハイフンでつながっている数字同士の差が大きければ、値段が高くなると考えてもいいでしょう。

オイル缶

オイルは必要な分だけ買うようにしましょう。主に1リッター缶と4リッター缶で売られています。オイル表記は缶に表示されています。写真は粘性が低いタイプのオイルの4リッター缶です。

交換ついでにエンジンフラッシング

オイル交換と一緒に、エンジンフラッシングをすると効果的です。エンジンフラッシングとは、エンジン内の汚れ(カーボンスラッジ)などを取り除く作業のこと。 エンジン内部に専用の液体を入れてクリーニングを行いますから、オイルを一度抜かなければいけません。ですから、オイル交換のタイミングがベストなんですね。

フラッシングは数千円かかり、そのほかにもオイル代やオイルフィルターの分も費用がかかるので決して安いとはいえませんが、愛車を長持ちさせるためには欠かせない作業です。エンジン内部の汚れが原因で燃費が悪化することもあるので、フラッシングで燃費が改善されるかもしれませんね。なお、エンジンフラッシングは、カー用品店やガソリンスタンドでも取り扱っています。


スポンサードリンク